自分がまさか30歳でハゲるとは思ってませんでした

「最近おまえ髪薄くなってね?」

上司の突然の指摘で衝撃を受けたというのが僕の薄毛の発覚です。

ある日、上司が仕事の相談の為に僕のデスクに近づいたときに発言しました。

驚きを隠せない僕に、上司は僕の頭頂部を携帯で撮影して見せました。

そこにはクレーターに近しいような僕の頭頂部が映し出されていました。

愕然とした僕を笑う上司の事を恨めしく思いつつ、なぜこんな頭になったのか原因を考えてみました。

僕はまだ30代になったばかりで、ここまで薄くなるような年齢ではないはずです。

しかし、自分の生活スタイルの中で薄毛になるような原因を作っていることも、思い当たりました。

まず仕事がデスクワークで空調も効いた仕事ですので、汗をかくこともなく典型的な運動不足だということ。

それから仕事のストレスからかタバコを吸うことが多くそれで結構が悪くなっていること。

揚げ物が大好きで、昼食によくカロリーを高いものばかり食べる習慣があること。

40代もまだまだ先の内に、このようなクレーターが出来ては洒落になりません。

黒々とした頭髪を取り戻すために生活習慣の見直しをすることにしました。

まず汗をかいて代謝を高めるために毎日の運動を確立すること、その為に毎朝ジョギングを30分ほどして、頭髪にとっていい環境にすること。

それから揚げ物を止め、魚や野菜などを多く食事することを意識し、タバコも控えるようにしました。

そうすると毎日写メを撮って傾向を観察していたのですが、1年ほどで黒さが戻っていき、安心することが出来ました。

若い頃は「禿げたとしても、丸坊主でいいんじゃね?(笑)」ぐらいに余裕をかましてた僕に、現実に直面した時の恐怖を教えたいものです。
しかし、このハゲが発覚したことによって、とても健康的な生活習慣を確立することが出来たので、いい出来事だったとは思うのです。

男性の皆さん、頭頂部というものは自分では目に見えないものです。

一度自分の頭頂部を撮影してみて、自分の健康習慣を見直すのをオススメします。


市販の育毛剤は効かない?一番効果のある育毛剤って何?トップへ